« おぉ! | トップページ | 連休後半奮闘記! »

2012/04/28

ちぃ~かぁ~れぇ~たぁ~びぃ~

ちぃ~かぁ~れぇ~たぁ~びぃ~ 今日はお約束どおり,有明山に登ってきました。15年以上ぶりだと思います。しかも,厳原から登ったのは30年以上ぶりでありましょう。やれやれでありました。清水ヶ丘に車を停めて登り始めたのですが,すぐにどっかのおっちゃんから「こっちが近いばい」などと教えてもらう始末でありました。ありがとさんです。以前登った時とは時間に大きな隔たりがあるので,こんなんだったっけ? と思うこともたくさんありましたが,何とか無事に帰ってきました。ではでは,どんぞぉぉぉぉぉ!Ariakedsc03063登り始め(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

綺麗に舗装した登山道でしたが,この階段はいただけませんな。きついっちゃもん。単なる坂道の方が,自分の感覚で歩けるので,僕は好きであります。そして,こんな案内板も立っておりました。 Ariakedsc03066しばらく歩いて(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)Ariakedsc03070植林の中を(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

むかしの光景とは違うような気もしたのですが,植林の木立は大きく成長していました。時間の流れがよくわかります。Ariakedsc03076倒木となかよしこよし(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

大きな倒木がありました。ずっと以前に登った時には,こいつも息をしていたのだろうと思うと,なにかこみ上げるものがあるような無いような… で,今日初のなかよしこよしです。ちなみにこの倒木のうろには,登山客のゴミが捨ててありました。あ~ぁ…Ariakerimg0061 へたばっちょります(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道:N

同じ名前の背高のっぽ君の側で,ばてばての私です。ここで休憩していると,何やら集団の大声が聞こえてきました。やがて,韓国の方々が20数名,身軽な格好で登って行かれました。「あんにょんはせよ」と,つい言ってしまう自分が悔しい。(郷に入らば郷に従え)古くさいですな!Ariakedsc03082やっと尾根に…(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

ひいこら言いながら,やっとの思いで尾根までたどり着きました。ちょこっと休憩です。ここからしばらくは緩やかな道なので,ちょこっと嬉しい年寄りであります。Ariakedsc03089木漏れ日を浴びながら(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

尾根の緩やかな道を,五月の木漏れ日を浴びながら進みます。なかなか心地よいですぞ。…でも,この先にきつい坂があるのも知っているので… 複雑な心境ですな… 

ゆったり登れると,周りに目がいくようになります。ほらほら…Ariakerimg0064Ariakedsc03130ギンリョウソウ(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道:1枚目:N)

あちこちでギンリョウソウを見かけました。まだ走りのようです。可愛いものが多かったですよ。 そうこうしながら歩いて行くと,急坂を越えて,以前防火帯として切り開かれていたところへ出てきました。Ariakedsc03094防火帯から下を見る(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)Ariakedsc03093防火帯から上を見る(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

この2枚は,防火帯が始まる辺りから下界方向と山頂方向を撮影したものです。以前は頭上に青空が広がり,キリシマミドリシジミの絶好の採集場所だったのですが… 時間がたくさん流れたのでありますな… それでは,元気を出して山頂を目指すことといたしやしょう!Ariakedsc03095防火帯から山頂へ(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

この辺りは,まだ防火帯の一部だったところであります。この先に,開けた坂道(石ころとススキの混じった明るい場所)があったのですが,さてさて,どうなっとることでありましょう?Ariakedsc03097草地のはずが?(2012/04/28:対馬市厳原町有明登山道)

な,なんと,両脇の木が大きく育ち,ここまで防火帯と同じ様を呈しておりました。やれやれであります。しかし,ここで気を取り直さなければなりません。あと少しであります。Ariakedsc03102厳原方面を望む(2012/04/28:対馬市厳原町有明山)

やっとの思いで明るいところへ出ました。山頂はすぐそこです。で,かすんではいましたが,厳原方面の眺望です。なつかしかぁ…Ariakedsc03109日掛・佐須方面を望む(2012/04/28:対馬市厳原町有明山山頂)

山頂では,先ほど追い越された韓国の方々が,何やら歌を歌い盛り上がっておられました。やれやれと思いましたが,10分ほどで下山され,また静かな時間が流れ出しました。Ariakedsc03104連れ合い様&盛り上がる韓国の方々(2012/04/28:対馬市厳原町有明山山頂)

山頂には,こんな生き物も…Ariakerimg0073_2オタマジャクシの大群(2012/04/28:対馬市厳原町有明山山頂)

すごい数でした。でも,何ガエルになるのだろう?Ariakerimg0091Ariakerimg0102アゲハ(2012/04/28:対馬市厳原町有明山山頂)

春型のアゲハを見つけました。飛び方から見て生まれたばかりのようです。ここに来て殺生はできませんで,写真だけであります。あと,見かけたのは,ミヤマカラスアゲハ・ルリシジミ・ベニシジミ・ツマグロヒョウモンですかね。残念ながら,ミヤマセセリには逢えずじまいでありました…… で,せっかくなので…Ariakedsc03112なかよしこよし(2012/04/28:対馬市厳原町有明山山頂)

本日2つ目の仲良しこよしです。いくつまでいくのでしょう? まぁ,それはさておき,下山途中でも韓国の登山客30名ほどに出会いました。いったい何しに来てるんでしょうねぇ? さてと,いよいよ厳原が近くなりましたが,きついついでに三の丸に行ってみました。ここは小さな頃よく登って遊んだ記憶があります。樹液の出る大きな木があって,そこに大きなスズメバチがやってくるのですが,これを補虫網で捕まえてたたき殺しておりました。わリっ! Ariakedsc03134三の丸から(2012/04/28:対馬市厳原町清水山三の丸)

いいお天気で,厳原の町並みが一望できました。町も,三の丸も懐かしい思い出としてよみがえりました。 そういったセンチメンタルな気持ちになったときには…Ariakedsc03136なかよしこよし(2012/04/28:対馬市厳原町清水山三の丸)

3っ目のなかよしこよしで…… お疲れ様でしたぁ… 明日が恐いでぇす。足が,足が……

|

« おぉ! | トップページ | 連休後半奮闘記! »

コメント

いやぁ,素晴らしい! お疲れ様でしたぁ。

有明山はanbowちゃんとほぼ同様の状態なので,とても懐かしく拝見しました。
で,とてもではないですがσ(^_^)には無理だと・・・思います。(^^;)

天気もよくて,そしていつもの「なかよしこよし」でよろしゅうございました。

ps:蛾はハグルマトモエでした。逃がしてあげましたよ。(^^)お心遣いありがとう。

投稿: yohbo | 2012/04/28 18:03

yohboさん,こんばんはです。大変お返事遅くなりすみませんでした。週末だけ元気になっている今日この頃です。なんとかあと5年,生き延びますです。ではでは,頑張って下さいませませ!

投稿: anbow | 2012/05/13 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おぉ! | トップページ | 連休後半奮闘記! »