« トンボと戯れた午前… | トップページ | 「やはり豆酘は豆酘だった」の巻 »

2006/08/13

ひたすら暑いだけ!@豆酘

普段はとっても優しいyohboさんから,「豆酘に行って様子を見てこい!」と命令され(ホントは行ってきてほしいなぁと言われたんですよ…),目眩がするほど暑い中,行ってみました。 …迷蝶などなぁんもおらんかったです。仕方なく,豆酘崎でたくさん見かけたスレたクロツバメと,町中の神社で見かけたカラスアゲハの飛翔写真をお届けします。こりゃ,もう少し涼しくならんと,ダメだぁ!

スレてましたが,結構数はいました。Tutukurotu

クロツバメシジミ2006/08/10:対馬市厳原町豆酘崎)

カラスの雌と思います。近くのカラスザンショウに群れて産卵していました。Tobekarasu

カラスアゲハ(2006/08/10:対馬市厳原町豆酘多久頭魂神社

|

« トンボと戯れた午前… | トップページ | 「やはり豆酘は豆酘だった」の巻 »

コメント

「普段は・・」はチョット余分ですが・・・。^^;
対馬は全島的に乾しあがっていますね。これじゃぁ,チョウも飛んでくれません。
今日は家の周りをクロツが飛び回っていたので,夕方にでも撮ってみます。anbowさんは豆酘まで30分なので,最低でも週一の見回りよろしくお願いします。

投稿: yohbo | 2006/08/14 14:11

暑いと飛翔写真は無理ですね。
走り廻れませんから。
こちらでも30度を超える日が続き、お遊びが過ぎて疲れてしまいました。

投稿: maeda | 2006/08/14 17:15

yohboさん,maedaさん,こんばんはです。お盆いかがお過ごしですか。私,12日に海に殺生(釣り)に出かけました。やっぱりバチが当たってしまいました。船上でアシナガバチをたたき落として,踏んづけようかと思ったのですが,汚れるので後で海にほたり込もうと思っていたら,いつの間にか我が手にはい上がってきて,左手を刺され,昨日今日と腫れ上がった手に難儀していました。今日はずいぶん楽になりましたよ。トホホホホでした。yohboさん,豆酘への週通い,すみませんがごめん被りたく存じます。いやだぁ~!!maedaさん,飛翔写真撮るのに走り回ってらっしゃるんですか?私の場合,横着扱いて,こちらはじっと構え,望遠レンズでヒィコラやっています。人それぞれですね。暑さに負けずに,頑張って下さいよ!ではでは…

投稿: anbow | 2006/08/14 18:39

こんばんは。私も暑い・熱い島巡りでクロツを楽しんでいます。最盛期までもう少しです・楽しみ!
ところで、今年もダンギクの開花はいかがですか?そろそろだと思うのですが。

承認してもらいたいことがあるので、メールしまーす。

投稿: しまびと | 2006/08/30 23:39

と思ったら、アドレスがわかりません。ここにのっけたメルアドに一方ください。お手数かけます。

投稿: しまびと | 2006/08/30 23:48

shimabitoさん,おはようさんです。頑張ってらっしゃいますね。本当に脱帽です。対馬は相変わらず暑いですが,ここ数日天気が悪く,毎日雨模様です。夜はずいぶんしのぎやすくなり,窓全開では少し寒くなってきました。ダンギクですが,自宅近辺ではまだ確認できていません。最近豆酘などへ行けていないので分かりませんが,上の方の情報はyohboさんへ問い合わせてみてください。残暑厳しいですので,体調に気をつけて島巡り楽しんでくださいね。ではでは…

投稿: anbow | 2006/08/31 06:04

shimabitoさん,追伸です。メールしましたが,ブログ左のサイドバー下の「メール送信」ボタン(ボタンじゃないですが…)をご利用下さい。宜しくお願いします。

投稿: anbow | 2006/08/31 06:06

ありがとうございます。メルアドの件、注意力散漫でした。
ダンギクは、まだですか。あの花は集虫力があり、群落もきれいですので大好きです。

投稿: しまびと | 2006/08/31 07:23

shimabitoさん,おはようさんです。「集虫力」はじめて耳にする言葉ですが,いい響きですね。まさにダンギクにぴったりの言葉です。また,開花情報分かりましたらお知らせしますね。

投稿: anbow | 2006/08/31 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111643/11410735

この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら暑いだけ!@豆酘:

« トンボと戯れた午前… | トップページ | 「やはり豆酘は豆酘だった」の巻 »