« そこまで春が・・・ | トップページ | 朝焼けが消える前に・・・ »

2006/02/19

「禁断の地に足踏み入れる」の巻

えっと,う~ん,なんと申しましょうか・・・とにかく・・・話題がないんじゃもん!昨年の果実酒紹介いらい「もう踏み込むまい」と思っていた禁断の地に足を踏み入れてしまいました。後は,遙か彼方を行くmaedaさんをひたすら追いかけるしかないのでしょうか・・・。とはいえ,この3本が現在対馬を代表する酒類です。ずっと以前は左端の清酒「白嶽」しかなかったのですが,ずいぶん以前の焼酎ブームで中央の麦・米焼酎「やまねこ」が発売され,昨年米・米麹焼酎「こっぽうもん」が売り出されました。「やまねこ」は癖のない焼酎で万人向きのお味でしたが,「こっぽうもん」は癖があり,薩摩白波のような雰囲気です。最近「こっぽうもん」を飲み出しました。この「こっぽうもん」という命名ですが,対馬の方言で「頑固者」とかいう意味です。ただ良い意味で使うことはなく,対馬で「あいつはこっぽうや!」と言われたら変人扱いする意味で使われています。当然,言われた方は腹が立つ事になるわけですが・・・。でも,私はこの「こっぽうもん」と言う言葉は大好きです。これまで知り合った来た人たちの中にも,周りから「こっぽうもん」と呼ばれている人はいましたが,どの人も僕から見れば,個性的で,信念を持って生きていらっしゃる方ばかりでした。友人にその話をすれば,「お前もこっぽうやけ,そう思うっちゃないか。」と言われますが,私はいっこうに意に介さず,ひたすら「こっぽう道」を歩きたいと思います。なにやらおかしなお話になりました。春待ち遠しい「こっぽうあんぼう」でした。sake

対馬の酒たち2006/02/19:対馬市上県町佐須奈自宅にて)

|

« そこまで春が・・・ | トップページ | 朝焼けが消える前に・・・ »

コメント

待ってました!
対馬焼酎の解説。
「こっぽうもん」、名前の由来からして、一目ぼれしてしまいました。
下の梅見て一杯!なんてやりたいですね。
毎日、雪見て数杯やっております。

投稿: maeda | 2006/02/20 17:40

待ってました!は,私の台詞!!maedaさん,お待ち申し上げていました。最近,虫の目レンズに夢中になっておられるようで,もう雲上人になってしまわれたかと思っておりましたが,いやいや,やはり餅屋は餅屋ですね。maedaさんが紹介してくださるような立派な酒類はないのですが,お目汚しにと思ってアップしました。何かの機会に飲んでいただきたいと思います。(旨いとは言えないと思いますが・・・国境の町の酒として・・・)

投稿: anbow | 2006/02/20 18:11

初めまして。maedaさんのところにお邪魔しております。nomusanと申します。

対馬は今まで4回ほど行っておりますが、最後の訪問からもう10年くらい経ちます。前回訪れた時は詳しくは忘れましたが、北部の国民宿舎に泊まって、それはそれは心地よい夜を過ごした記憶があります。

あの時のお酒は白嶽だったのでしょうか・・・。「国境の酒(焼酎)」呑んでみたいです。

お邪魔いたしました(汗)。

投稿: nomusan | 2006/02/26 23:41

nomusan,はじめまして。こんにちわです。初めましてのご挨拶が,なにか遠く響いているように感じるくらい,いつも各ブログでお目にかかっています。これからも宜しくお願いします。いやぁ,なんか,感激ですねぇ。ついにmaedaさん以外の方が「酒話」に加わってくださいました。又これからいろいろと楽しめそうです。10年ほど前は私,上対馬町豊の方で仕事をしていました。どこかですれ違っていたかもしれませんね。また,遊びにいらしてください。それから,nomusanのブログもリンクさせていただいて構いませんか。宜しくお願いします。

投稿: anbow | 2006/02/27 16:00

anbowさん、どうもです。私も以前からお邪魔しており、何処で入ろうかタイミングを計っていたのですが、絶好の機会をつかんでしまいました(笑)。拙ブログのリンクは恐縮です。よろしくお願いいたします。私もリンク張らせていただきます。

投稿: nomusan | 2006/02/27 21:28

nomusanありがとうございます。(nomusanさんといわなければ失礼ですかね?)出張等多忙ですが,近々,リンクはらせていただきます。今日も頑張りましょう。まずは御礼まで。

投稿: anbow | 2006/02/28 07:45

なんだか、輪が広がってうれしく感じます。maedaさんも、呑むさんも、anbowさんもネットがないと、通りすがりの人になっているところでした。
みなさまとおめにかかっているしまびとより。

投稿: しまびと | 2006/03/01 01:31

ホントですね,shimabitoさん。ネットのすごさと,運命的な出逢いを感じますね。みなさん,支えていただき本当に,あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。

投稿: anbow | 2006/03/01 17:31

shimabitoさん、どうもです。ところで、maedaさんとshimabitoさんは昔からのお付き合いではなかったのですか(驚)?

投稿: nomusan | 2006/03/01 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111643/8734435

この記事へのトラックバック一覧です: 「禁断の地に足踏み入れる」の巻:

« そこまで春が・・・ | トップページ | 朝焼けが消える前に・・・ »