tsushima-anbow.cocolog-nifty.com > 新年のごあいさつ

我が家の年中行事の一つと相成りました「おもしろ年賀状」 これまでの作品?を,一挙公開であります。 どうぞ,お楽しみ下さい。(サムネイルをクリックしていただくと大きな画像となります。作品は,下から上へと作成年順に並んでいます。:一番上が今年の作品です。)

新年のごあいさつ 2016

新年のごあいさつ 2016


新年のごあいさつ 2015

新年のごあいさつ 2015

久々の縦型編集年賀状です。いよいよ子どもたちの協力も薄くなり,ため息をつきながらの制作でした。連れ合い様とふたりで頭をひねったのですが,あの案もこの案も,連れ合い様の「ダメよ~ダメダメ!」攻撃に遭い,いっそのことと流行語大賞に便乗いたしました。連れ合い様はメリケン粉を顔に塗りたくって撮影したのですが,真っ白にはならず,結局その写真をコントラスト調整にかけ,やっとの思いで美白顔に修正いたしました。もうや~めたっ!…と言いたい,最近の年末でアリマス。


新年のごあいさつ 2014

新年のごあいさつ 2014

この賀状をはじめて,ずいぶんの時間がたちました。最近はネタがなく困り果てているところです。しかし,周りの期待は大きく「楽しみにしてますよぉ…」なぁんて言われると,頑張らざるを得ないのであります。まぁ,年々地味になってきていますが,なんとか誤魔化しごまかしいきたいと思いますぅ…


新年のごあいさつ 2013

新年のごあいさつ 2013

子どもたちもそろそろ手を離れる頃となり,いよいよまた新婚当時のふたりの生活を楽しむお年頃となってきましたが,どうも連れ合い様の様子がおかしいようです。悲喜こもごもの五十路後半戦,心の裏表を表現してみました…


新年のごあいさつ 2012

新年のごあいさつ 2012

昨年は東日本大震災が起こり,多くの方が被災する中,人と人との絆の大切さを考えさせられる一年でもありました。我が家も嫁に行った次女が年末に子どもを出産し,私たち夫婦もジジババとなってしまいました。その喜びを中心に,悲喜こもごもの新年を表してみました。


新年のごあいさつ 2011

新年のごあいさつ 2011

2011年4月,連れ合いが帰って参ります。やりたい放題の5年間,そのツケに恐れおびえる父を表現してみました。ほんとにちょびっと春が怖いのであります。


新年のごあいさつ 2010

新年のごあいさつ 2010

世はまさに,民主党による政権交代が果たされました。で,性懲りもなく,天下統一の夢にチャレンジしてみたのですが,裏切り者の続出で,我が家の政権交代は果たせませんでした。教訓「のにが出ると愚痴が出る」は,全く生かされておりませんでありました。トホホホホ…


新年のごあいさつ 2009

新年のごあいさつ 2009

年賀状ネタに困り果てた私は,ネタがないというネタを思いつき,これで今年は乗り切ろうと思ったのもつかの間,そのネタは既出であったことを指摘され,ぼけの始まりを疑われる哀れな年末年始と相成りました。父が手に持っている年賀状の絵が今回の目玉であります。そうそう,それから次女の成人も祝ってみました。


新年のごあいさつ 2008

新年のごあいさつ 2008

50歳の記念に,何かにチャレンジをと思い立った父は,なんとバイクの中免にチャレンジしました。足かけ3月,厳原の教習所で125ccまでの限定を取得,夏期休業を利用し,佐世保で見事に限定解除,400ccまでの中免取得の快挙を達成しました。そんな父を気遣う,家族愛を表現してみました。


新年のごあいさつ 2006

新年のごあいさつ 2006

長年取り組んできた「おもしろ年賀状」も,今年はネタ切れ… と思いきや,単なる充電不足…いやいや,電源が入っていなかったという,何ともお粗末な状況をネタにしてみました。長女の成人も祝ってみました。


新年のごあいさつ 2005

新年のごあいさつ 2005

この年は空前の韓流ブーム! 「冬のソナタ」ならぬ「冬のあなた」… 連れ合いにも,子供達にも全く相手にされない寒い夫と父親を絵にしてみました。私的には,なかなかの力作なのですが…


新年のごあいさつ 2004

新年のごあいさつ 2004

父が平戸より帰島して長男と3人暮らしをし始めた年度の正月です。女の子2人はそれぞれに我が道を歩み始めましたが,父への負担は増すばかり… もうかじられるすねもなくなりかけ,踏んだり蹴ったりのお正月。連れ合いは相変わらずの高みの見物! もう怖いので,逆らわないようにしました。(余談ですが,サンワダイレクトの年賀状コンテスト銀賞に輝いた作品であります。ちょっと自慢!)


新年のごあいさつ 2003

新年のごあいさつ 2003

で,結局,状況判断の甘さがこういった結果となったという1年越しのオチであります。『「のに」が出ると愚痴が出る!』至極の教訓が生まれた新年であります。


新年のごあいさつ 2002

新年のごあいさつ 2002

やられっぱなしではありません。昨年の反省を踏まえ,ついに最初で最後であろう父の逆襲であります。本人はいい気でありますが,連れ合いは高みの見物としゃれ込んでおります。この現実をどう受け止めるのか。ここが肝心なところではありましたが……… 次年,こうご期待!


新年のごあいさつ 2001

新年のごあいさつ 2001

ついに幕を開けた21世紀。我が家には,すねかじりどもが闊歩しております。どう考えても連れ合いのうまそうな足に食いつけばよいものを… 頼りにされているとは思えませんが… 我が家も弱肉強食の世界であります。本作品が「おもしろ年賀状」と呼べるであろう作品のスタートとなりました。


新年のごあいさつ 2000

新年のごあいさつ 2000

20世紀最後の年となったこの年ですが,昨年に引き続き,家族の近況報告がメインの年賀状であります。まだまだ,普通でありました。


新年のごあいさつ 1999

新年のごあいさつ 1999

パソコンが何とか使えるようになり,年賀状を楽しく作成するようになった最初の作品です。まぁ,作品と呼ぶにはちょっとお粗末でありますが… ここがスタートであります。